鳥取県初!! 秘書実務士認定

〜この度、本校ビジネス総合科生活福祉コースの3年生4名が、秘書サービス接遇教育学会認定資格である秘書実務士を取得いたしました〜

「秘書実務士」資格とは、秘書技能保有者(秘書検定2級以上合格者)の社会的評価向上を目的とし、秘書サービス接遇教育学会が認定する資格です。

この生徒たちは授業において1年時から取得した各種検定試験に加え、3年時に受験した秘書検定2級に合格したことで、秘書実務士としての認定条件を 満たしたため、申請の運びとなりました。

秘書検定はもともと秘書を目指す人や秘書の仕事をしている人が受験していた試験ですが、その知識・技術が就職したときに役立つ内容であることから、就職試験を控えた専門学校以上の学校において多くの学生が受験する資格となりました。

近年では高校生の受験も増えており、本校では2年時においてビジネスマナーの授業の取り組みの1つとして秘書検定3級の取得を目指します。希望者は3年時に2級の取得を目指します。

高校生で秘書実務士の認定を受けたのは鳥取県では初めてのこととなります。

合格した生徒達

【秘書実務士】に合格した生徒達