奨学制度
(1)米子松蔭高等学校入学時の特別奨学金制度

学業特別奨学生A

26,100円/月
授業料20,000円のうち、就学支援金として支給される9,900円を差し引いた10,100円と教育振興充実費16,000円の合計(その他の諸費用3,500円は免除となりません)[注5]

■条件等

① 推薦入学試験合格者で、中学校在学中に学業優秀であり、次のいずれかに該当する場合
【 普通科 】
5教科(国語・数学・社会・理科・英語)の第3学年1・2学期の学業評定が、5段階で合計20以上
【 ビジネス総合科・情報総合科 】
5教科(国語・数学・社会・理科・英語)のうち3教科の第3学年1・2学期の学業評定が、5段階で合計12以上

② 推薦入学試験合格者で、学力参考テストの結果が特に優秀であった場合

③ 一般入学試験の結果が特に優秀であった場合

学業特別奨学生B

16,000円/月 教育振興充実費16,000円の全額

■条件等

一般入学試験の結果が優秀であった場合

※ 本校を第2志望(併願)の人で、一般入学試験で学業特別奨学生で合格となり、本校を第1志望(専願)に切り替えて入学を希望する場合は、合否通知書に同封の「学業特別奨学生 入学申込書」に必要事項を記入し、入学一次手続の時に本校事務室に提出してください。

本校を第2志望(併願)の人で、一般入学試験で学業特別奨学生で合格した人は、県立高校合格発表後であっても、学業特別奨学生としての入学を認めます。入学希望者は、「学業特別奨学生 入学申込書」を学科・コース相談会で提出してください。

技能特別奨学生

26,100円/月
授業料20,000円のうち、就学支援金として支給される9,900円を差し引いた10,100円と教育振興充実費16,000円の合計(その他の諸費用3,500円は免除となりません)[注5]

■条件等

本校の推薦基準 [注6] に達し、次のいずれかに該当する場合ただし、いずれも中学校長の推薦があること

① 中学校在学中、生活態度が優秀で、部活動(体育部・文化部)に精励し、学業にも努力し入学後も継続して活動できる人(野球部は5名以内とする)

② 中学校在学中、生活態度が優秀で、部活動以外のスポーツ活動や文化活動に精励し、学業にも努力し、入学後も継続して活動できる人

[注5]以下に該当する場合は、就学支援金が支給されませんので、
免除額は16,200円/月となります。
市町村民税所得割額が、30万4,200円(年収910万円程度)以上の世帯には、支給されません。市町村民税所得割額は、保護者(親権者)の合算により判断されます。年収910万円は、保護者のうちどちらか一方が働き、高校生1人(16歳以上)、中学生1人の4人世帯の目安です。

[注6] 入試情報 3推薦入学試験 (2)出願資格 を参照

(2)米子松蔭高等学校入学後の特別奨学金制度
■条件等

次のいずれかに該当する場合

① 入学後の努力の結果、学業成績が優秀で、本校内規の学業特別奨学生基準に達し、生活態度が良好な場合
【 対象学期の翌学期 】
  (1学期の結果により 8〜12月を免除)
  (2学期の結果により 1〜 3月を免除)
  (3学期の結果により 4〜 7月を免除)

② 入学後、スポーツ活動や文化活動に努力して特に優れた成績を上げ、生活態度が良好で学業にも精励している場合〔対象月の翌月から12ヶ月間〕

特別奨学生C

16,000円/月 教育振興充実費16,000円の全額

特別奨学生D

8,000円/月 教育振興充実費16,000円の半額

 

(3)ボーイスカウト・ガールスカウト奨学金制度

[ 返済不要 ][(1)(2)(4)の奨学生制度との併用可能]

ボーイスカウト・ガールスカウト奨学生

10,000円/学期

■条件等

<支給> 返済不要
本校在学中に、ボーイスカウト・ガールスカウトで活動し、
スカウト活動のレポートを提出した場合

米子松蔭高等学校奨学制度規程

 

(4)その他

[1] 鳥取県・島根県育英奨学生制度

申請を希望される方は、募集要項をお渡ししますので事務室までお越し下さい。
  • 鳥取県より自宅通学者は、月額30,000円、自宅外通学者は、月額35,000円を貸与されます。
    鳥取県育英奨学室ホームページ
    平成29年度申し込み受付は終了しました。
  • 島根県からの自宅通学者は、月額33,000円、自宅通学者以外は月額38,000円、
    また、入学支度金(平成29年4月に入学の希望者)を貸与されます。
    島根県育英奨学室ホームページ
    平成29年度申し込み受付は終了しました。

[2] 授業料減免制度(返済不要)

[3] その他各種奨学金予約制度

[4] 高校生等奨学給付金について